動脈硬化を引き起こす原因|美味しい糖尿病食は宅配サービスがおすすめ|自宅まで届けてくれる

美味しい糖尿病食は宅配サービスがおすすめ|自宅まで届けてくれる

男性

動脈硬化を引き起こす原因

食事

塩分を減らした食事が重要

健康診断の時に必ず検査するのが血圧です。正常な血圧は下が85ぐらいで上が130ぐらいまでです。160になると高血圧と診断されますが、200を超えると危険な数値になります。なぜ高血圧が良くないかというと、血管がもろくなるからです。そうなるとコレステロールなどが血管にこびりついて血流が悪くなり、動脈硬化を引き起こす恐れが高くなるのです。動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞の原因となります。高血圧を防ぐには食事療法と運動療法が効果的です。日本人は塩分の取りすぎと言われており、食事療法でも塩分を減らした料理がメインになります。特に味噌汁は塩分が多いので、1日1杯に制限します。また加工食品などは調味料が多く含まれているので避けるようにします。

タバコとストレスは要注意

高血圧というのは自覚症状が出ないので、余計に注意が必要なのです。症状が出た時には脳卒中や心筋梗塞になっていることが多いので、普段から食事療法や運動療法を生活に取り入れることが大切です。特に大切なのは喫煙の習慣を断ち切ること、アルコール類の飲酒量を減らすことです。ニコチンは動脈硬化を促進するので高血圧予防にタバコは厳禁です。運動療法は1日30分以上の有酸素運動が効果的です。運動することによって体内の代謝機能が活発化し、血圧を下げる効果が得られます。長く続けることに意味があるので、無理してジョギングなどをするよりもウォーキングの方が適しています。またストレスなども高血圧の原因になるので、働き盛りの人は特に食事療法や運動療法を取り入れる必要があります。